So-net無料ブログ作成

メッシが腎臓結石で検査・治療!スペイン国王杯の危機を回避できるか!? [スポーツ]


スペインのFCバルセロナ所属で

FWのリオネル・メッシ(Lionel Messi:28)が

8日、9日と腎臓結石の検査および

治療を受けることが判明した。

メッシは昨年12月から腎臓結石を患い

苦戦を強いられ欠場も余儀なくされた。

チームはスペイン国王杯で

ほぼ決勝進出の大切な時期、

危機を回避できるのか!?

メッシが腎臓結石で検査!危機を回避できるか!?.png
昨年クラブワールドカップでFCバルセロナは優勝
(左から)メッシ選手、ネイマール選手、スアレス選手





スポンサードリンク




メッシ欠場は最大の危機


FCバルセロナは

「腎臓結石の経過を診るため、
8日、9日あらゆる検査を受ける」

との声明を出した。


メッシは昨年、クラブワールドカップの

広州恒大(中国)との準決勝の試合を

結石の痛みにより欠場している。

しかし、リーベル・プレート(アルゼンチン)

との決勝には復帰し、先制ゴールを決めるなど

クラブワールドカップ優勝に大きく貢献した。


現在開催されているスペイン国王杯
(コパ・デル・レイ15-16シーズン)では

バレンシアとの試合でメッシがハットトリックを決めるなど

7-0で圧勝し、決勝進出がほぼ間違いない大切な時期だ。

このことから、今回FCバルセロナは

最大の危機を回避すべく早急な対応をしたようだ。




スポンサードリンク




今後メッシはどうなる?


腎臓結石は、痛みが出ないことがあれば、

腰から背中にかけて極めて激しい痛みが

発生することがある。


腎臓でできた結石は、小さいものは尿管を通り

尿とともに体外に排出されるのだが、

大きい場合は尿管や膀胱に詰まると

激しい痛みをともなってしまう。


通常は薬を服用し、結石を徐々に溶かしたり

尿管を拡張することが多いのだが、

メッシの治療はおそらくこの詰まった結石に

体外から衝撃波をあてる治療が行われるようで、

地元メディアは

「通常ならば治療には45分から1時間程度」

と報じている。


スペイン国王杯の第2戦、

準決勝が行われる10日までには復帰する予定だ。

痛みから早く解放されるのを祈るとともに、

今回もメッシの活躍でFCバルセロナを

優勝に導くことができるのか、

最大の危機を回避できるのか注目したいところだ。



☆'・:*:.。.:*: 最後までお読みいただきありがとうございます :*:・'゚:*:・'゚☆

★毎日の”1ぽちっと”がとっても励みになります。。。★
(下の↓画像をぽちっとお願いしますm(_ _)m )
  

おすすめ記事
■ マイカテゴリー「テレビ」、「音楽」、「映画」、「芸能



スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。