So-net無料ブログ作成

パリで銃撃と爆破 過激派組織によるテロの仕業か? [ニュース]

多くの日本人が訪れるフランスのパリで13日夜、
サッカーの代表戦が行われていた郊外で少なくとも3回の爆発と劇場など
でも少なくとも6カ所で銃撃があった、当局によると合わせて少なくとも
153人が死亡した。

パリ テロ.jpg

内務省によると、銃撃があった劇場<バタクラン>では少なくとも112人
が死亡した。またこの劇場から逃げることができたラジオ記者の話しでは
マスクを着けずに無言で黒い服に身を包んだ男二人がAK47と思われる
自動小銃を10~15分間にわたり発砲し続けた。このコンサート会場で
パニック状態になった観客の悲鳴が上がり床に20~25人の遺体が
横たわっていたという。

BFMTVによると犯人とみられる男二人はコンサート会場内に立てこもって
いたが警察特殊部隊が突入し襲撃者2人は殺害され、その後警察により
少なくとも100人の人質が屋外に解放されたが何人かの負傷者がいる
模様です。

オランド大統領も観戦に訪れていた、ドイツ代表とフランス代表のサッカー
の試合があったパリ郊外のスタジアムでは複数回の爆発音があり一部の情報
では自爆テロとみている。



スポンサードリンク








オランド大統領は非常事態を宣言し国境閉鎖する意向を示しフランスは強く
偉大な国ではならないと、テロに屈しない姿勢を見せた。

またフランス当局はテロ捜査を開始した。公式な犯行声明は出ていないが
現時点でパリでの犯行を疑われてるのは、シリアやイラクから帰国した
戦闘員だとしている。



スポンサードリンク







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。