So-net無料ブログ作成

玉森裕太、主演映画公開にメンバーからの思わぬサプライズに「うるっときちゃった~」 [映画]

人気アイドルグループKis-My-Ft2のメンバーのひとり玉森裕太初主演映画「レインツリーの国」が11月21日、全国190のスクリーンで封切られ、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで三宅喜重監督をはじめ、玉森裕太、ヒロインの西内まりや、共演者の森カンナ、大杉連、高畑淳子が舞台挨拶を行った。

レインツリーの国.png
映画「レインツリーの国」公式サイト

この日大歓声で迎えられた初主演の玉森裕太は映画の公開に「緊張やプレッシャーもありましたが、心に残る作品になった」と感無量の顔を見せた。ワクワクが80%くらいで、緊張が20%くらいですが、すごく見てもらいたい気持ちがあります。主演ということで、みんなにどう映るのか不安が・・・」と本音が出ると、会場の客席は拍手で反応して勇気づける雰囲気に、玉森は安堵の表情を浮かべていた。



スポンサードリンク








最後にサプライズで、Kis-My-Ft2のメンバーからメッセージ動画がスクリーンに映し出された。

北山宏光は、
 「ほんとキュンとしちゃった。裏でけっこう関西弁の練習をしてた」

宮田俊哉は、
 「(ヒロインに)玉森取られた!と思った。でも(玉森と)付き合ってないよ!
           でも友達以上!」とコメントして会場は笑いの渦に巻き込まれた。

藤ヶ谷太輔は、
 「男らしくなった。これを観終わったあとに、関西弁で何かキュンキュンすることを
                  言ってくれるんじゃないかな」と無茶ぶりをした。

玉森はみんなからのメッセージに対し「メンバーのところに帰って来たときの安心感があるから、ひとりのときでも頑張れるよ」と日頃の感謝を伝え照れた表情を浮かべた。

最後に、藤ヶ谷の無茶ぶりに対して「関西弁はもうほぼ忘れてる状態なんですよ」とつぶやきながら、「今日、公開初日やでー、こっからたーくさんの方に、観てもらいたいと思うから。げき、げきじゃねーや(笑)、ぜひ劇場でキュンキュンしてーな」と言葉を絞り出し、「もう勘弁してくださいほんとにー!」と大いに照れながら締めくくった。

映画は有川浩氏の恋愛小説「図書館戦争」が原作、忘れられない本をきっかけに男女がネットのメールで知り合い、徐々に恋に落ちていく姿を描いている。
舞台あいさつの模様は、全国100の会場のスクリーンに中継された。

映画「レインツリーの国」公式サイト



スポンサードリンク









おすすめ記事
■ マイカテゴリー「映画
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。